葬儀に参列する際は | 冠婚葬祭で守るべきマナー

いざという時のための冠婚葬祭情報サイト

葬儀の際の基本的な対応

葬儀に参列する際の基本的なマナー

葬儀に参列する際は、フォーマルウェアが基本です。
ですが、受付など実働部隊として動かなければならない場合は、ブラックスーツに黒のタートルネックなど、黒のドレスコードさえ守っていれば差し支えありません。
制服のある学校に通われている方は制服が基本となります。

黒い服装だとアクセサリーをつけたくなるところですが、涙を表す真珠以外は避けた方が無難です。
男性であれば、泣き顔を隠すためにサングラスを着用したくなる方もいるかもしれませんが、こちらも薄い色にとどめましょう。

まれに着物での参列をされる方がいますが、着物は着用に時間がかかることから事前準備をしていたと考えて不快に思う方もまれにいますので、職業柄着慣れている方以外は避けた方がいいかもしれません。

香典料は基本的にどこでも変わらない

香典料は基本的にどこの地域でも大差なく、5千円から1万円が標準とされています。
もちろんこれ以上の金額ではいけないということはありませんが、あまり多いとご遺族に気を使わせてしまうので注意しましょう。

香典袋は「御霊前」と書かれているものを使用するのが一般的です。
「御霊前」であれば、神道やキリスト教でも通用しますので、いざという時のために常備しておいても悪くはないでしょう。
なお、地方の一部地域では香典袋に入れない習慣も見られますので、地方の際には注意してください。

なお、議会議員や公務員など、一部の職業の人に関しては香典の受け取りを断られることがあります。
これは法律や規則に基づいた行為なので、断られても気を悪くしないようにしましょう。


この記事をシェアする