結婚式に呼ばれた場合 | 冠婚葬祭で守るべきマナー

いざという時のための冠婚葬祭情報サイト

冠婚葬祭での基本的なマナー

結婚式に呼ばれた際の基本的なマナー

まず、結婚式に呼ばれた際に一番気を使うのが服装です。
男性の場合、ブラックスーツに白ネクタイで無難にやり過ごせますが、女性は悩むことになります。
二次会などで素敵な出会いを求めているならなおさらでしょう。

結婚式では、白い服は新郎新婦の特権ですので、当然白い服は避けないといけません。
しかし、全く白を使ってはいけないということではなく、ケープやストールなどの小物には使っても差し支えありません。

少人数によるカジュアルタイプの結婚式であれば、男性は一般的なスーツでも問題ないでしょう。
女性は、一般的な結婚式と同等の服装にした方が無難です。

最近では、「こだわり婚」と言われる、テーマが明確になった結婚式が増えてきました。
ドレスコードはきちんと確認しましょう。

地域や関係によって変わるご祝儀問題

結婚式の際に誰もが頭を抱えるのが、ご祝儀をいくら包むのかという問題です。
これは、地域や新郎新婦との関係によって大きく変わるので一概には言いづらいのが現状ですが、標準的な額についてはお伝えしようと思います。

基本的に、新郎新婦と友人の関係であればご祝儀は3万円が相場です。
親戚や上司などといった関係になると、5万円から10万円といったところでしょうか。
サークルなどといった団体での関わりであれば、メンバーに配慮して1万円といった場合もあるので、詳しくは団体内で申し合わせをしましょう。

絶対にしてはならないのが、偶数額、例えば2万円や4万円といった額のご祝儀です。
これは、割り切れることから縁起が悪いとされる数字ですので、くれぐれも避けてください。


この記事をシェアする